第264回 化学への招待(宮城地区)−楽しいみんなの実験室− 
            開催のお知らせ



             主催:公益社団法人 日本化学会東北支部・東北支部化学教育協議会
             共催:国立大学法人 宮城教育大学
             後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会

 

 
 日時:平成29年8月11日(金) 10:00〜16:00
 会場:宮城教育大学 理科学生実験棟(宮城県仙台青葉区荒巻字青葉149)
     仙台市地下鉄東西線「青葉山駅」下車 徒歩10分

 テーマ:ISEF(世界最高峰の学生研究の国際大会)で入賞以上の生徒研究を指導した 
     日本最高峰の課題研究指導者の先生方による魅力あるワクワク体験実験
  
 【講師】ISEF2016 グランドアワード2等 指導者 谷藤尚貴(米子工業高等専門学校 准教授)
     ISEF2015 グランドアワード3等 指導者 菅原佑介(仙台第三高等学校 教諭)

 【日程・内容】実験ワークショップ,招待講演,シンポジウム
  《実験》 谷藤准教授 ISEF2016で入賞した機能性膜を利用した新電池(実験1)10:00〜12:00
       菅原教諭 ISEF2015で入賞した虹色に輝く銅箔の実験 (実験2)   14:00〜16:00

  《招待講演》谷藤准教授『2年連続のISEF参加と生徒研究』            12:30〜12:45
        菅原教諭『教材を活かした研究のヒント』              12:45〜13:00
  《シンポジウム》『講演者を囲んで課題研究の指導に関するノウハウと生徒の心得』13:00〜13:30
           司会 渡辺尚 宮城教育大学 准教授(ISEF2014/2015 連続受賞指導者)

   対 象:実験 中学生、高校生  講演 中学生、高校生、大学生、大学院生、一般(教員)
   定 員:実験 谷藤准教授 30名, 菅原教諭 30名, 講演(シンポジウム)50名(先着順)
   参加費:無料

   申込方法:以下の項目を記載し、お問合せ先に電子メール・FAXのいずれかで、7月28日(金)まで
        送信ください。ご参加の可否と詳細は電子メール等にてご連絡いたします。下記内容は個人
        情報として扱います。
           1.お名前(ふりがな)と性別  2.一般・学生の別(中高校生は学年)
           3.ご希望のプログラム   実験1・講演とシンポジウム・実験2(複数選択可)
           4.学校名または勤務先    5.住所と電話番号
           6.メールアドレス(必須)、FAX 番号(任意)

   お問合せ:〒980-0485 仙台市青葉区荒巻字青葉149
           宮城教育大学 理科教育講座 化学への招待 事務局
                   担当 渡辺 尚・笠井 香代子
              TEL:(022)- 214-3429(笠井)・3423(渡辺)
              FAX:(022)- 214-3429
              E-mail:chemeduc@ml.miyakyo-u.ac.jp

  募集要項   pdf 
  ポスター   pdf 
  参加申込書  word pdf